鞄・バッグのおしゃれな収納アイデアまとめ【フック・棚など】

鞄・バッグのおしゃれな収納アイデアまとめ【フック・棚など】

散らかりやすいバッグ・カバンの収納術

色んなサイズや形があるバッグは、数が増えてくると散らかりやすくなってきます。バッグの収納場所をきちんと確保し、収納方法を決めておくのもオススメです。

フックや仕切り板、ボックスなど買い足しができる収納グッズは、取り入れやすく価格も手頃。今回は参考にしたい収納術やおしゃれな収納アイデアを集めました。

tittle photo by:istock

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

S字フックにかける

クローゼットのバーにS字フックでバッグを収納。フックは大きめサイズを選ぶとかけやすいです。バッグは詰め込みすぎず、余裕を持って収納し取り出しやすくするのもポイント。


よく使用するバッグをS字フックでクローゼットに収納しています。取り出しやすく参考にしやすい方法です。


S字フックでバッグが落ちてしまう場合は、リング型もおすすめです。

ポールハンガーを使用する

コートや帽子をかけるポールハンガーも使いやすいです。少ないスペースで多くのバッグが収納できます。重ねていくと下のバッグが取り出しにくくなり、バッグが傷みやすくもなるのでかけ過ぎは注意が必要です。

バッグ専用棚を使用する

カラーボックスのようにシンプルな棚を、バッグ専用棚として使用しています。バッグをサイズごとに分け、段の高さを調整。大きいバッグはフックにかけて吊るして収納しています。

マガジンファイルボックスを使用する

単独で立ちにくいクラッチバッグは、透明のマガジンファイルボックスにまとめています。ばらつきにくく、取り出しやすいのがポイント。


おしゃれなマガジンファイルボックスを使用しています。マガジンファイルボックスごと移動もでき、使いやすい収納アイデアです。

仕切り板を設置する

クローゼットにきれいに並べていても、倒れやすいバッグがあると気づけばぐちゃぐちゃに…ということも。透明の仕切りを付けておくと、バッグが立った状態できれいな収納が保てます。


単独で立てることが難しいバッグは、高さがある仕切り板を設置し収納。仕切り板は透明なタイプを選ぶと、圧迫感が少なくインテリアとも合わせやすいです。


収納棚に透明の仕切り板を設置。いっぱい詰め込まず、余裕を持って収納しているので見た目もきれいです。仕切り板は高さや種類を揃えておくと、きれいにまとまります。

クローゼットの壁をバッグ収納に

クローゼットの壁にバッグ専用のバーを設置し、ショップディスプレイのように美しく収納しています。バッグをかけやすいように、バーは半円の形になっています。

ボックスに収納する

300円ショップや無印良品、IKEAなどで販売されているボックスを使った収納もおすすです。写真のように前部分が下がったボックスは、取り出しやすくて便利。後で買い足す可能性がある場合は、定番商品を選んでおきたいです。


前部分が開いたボックスは、そのまま棚にも収納しても取り出しやすく便利です。クローゼットの中も乱れにくくオススメの収納法。

バッグ専用の収納グッズを使用する

写真のようにクローゼットの縦スペースを生かした収納グッズなど、バッグ専用の商品を多く販売されています。バッグは定位置に収納すると部屋が乱れにくいので、ぜひ取り入れてみたいです。

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

鞄・バッグのおしゃれな収納アイデアまとめ【フック・棚など】

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。