iPhoneケースが人気!LA発アーティストグッズ通販『society6』が面白い

iPhoneケースが人気!LA発アーティストグッズ通販『society6』が面白い

数十万人のアーティスト作品が販売されている『society6』

society6

society6(ソサイエティー シックス)とは、アメリカ・ロサンゼルス発のプロダクトブランドです。オリジナルアイテムを扱う通販サイトを運営しており、世界中のアーティスト数十万人の作品を購入することができます。

家に飾るようなアートプリントはもちろん、iPhoneやiPadのケース、Tシャツ、クッションカバー、トートバッグ、マグカップなど実用的なものが多いのが特徴。アメリカではファッションブロガーを中心にとても人気があります。

日本ではiPhoneケースを購入する人が多いようです。「society6」で検索すると「society6 iphone ケース 日本」という検索ワードが表示されます。こちらのサイトから実際に購入している人もいるので、ぜひブログ記事をチェックしてみてください。

全体的に作品のレベルがとても高いため、サイトを見ているだけでも十分楽しめます。今回は人気カテゴリやアイテム、アーティストをご紹介します。

スポンサーリンク

直感的で好きな作品を探しやすいサイト構造

society6

society6は英語が苦手でも利用しやすいサイトです。ロゴ下にあるナビゲーションは商品カテゴリへのリンクになっています。

  • Wall Art(アートプリントやパネル)
  • Womens(女性用の服・小物)
  • Mens(男性用の服・小物)
  • Babies & Kids(子供用の服・小物)
  • Device Cases & Skins(iPhone・iPadケースやMacBook Proのスキン)
  • Living(クッションカバーやマグカップ)

商品カテゴリの一覧ページでは人気順で商品が表示されています。さらにイラストのカテゴリや、カラーで絞り込み表示ができます。家のインテリアとアートプリントのカラーを調整したい場合、カラーの絞り込みは便利な機能だと思います。画像の通り価格も15ドルくらいから販売されており、購入しやすい価格が多いです。

日本ではiPhoneケースが人気

society6のiPhoneケース

via:society6.com

なんといっても魅力はデザインの種類の多さ。iPhone3やiPhone4などの旧機種にも対応しているのが嬉しいです。

次は商品ページをチェック。同じイラストの別アイテムも見れる

society6の商品ページ

via:society6.com

アーティストGemma Correllさんのクッションカバーの商品ページ。サイズを選択すると価格が変わりますが、30ドル以内で購入できる商品が多いです。どのページもfacebookのいいねが結構ついています。

該当商品の下には、同じイラストで作られたアイテムが並んでいます。society6を運営しているのがプリント会社のため、アーティストが作ったイラストを使用し、高い技術でさまざまなアイテムにすることができます。日本でもあのイラストレーターさんの、あのイラストでiPhoneケースが欲しいという場合も多いと思うので、こういったウェブサービスが日本でも広がると嬉しいです。

好きなアーティストの作品一覧ページを見る

society6のアーティスト作品ページ

商品ページの商品名の下に「by Gemma Correll」といった感じでアーティスト名が記載されています。そこをクリックするとアーティストの作品一覧を見ることができます。イラストのテイストが好きなアーティストの作品や新作をチェックするのにも便利。

このサイトをきっかけに人気が出るアーティストも多そうです。海外画像共有サービスPinterestが発表した「2013年最もPinされた人気画像」のアート部門の中に、society6のアーティスト作品が含まれていました。

アーティストPICK UP:Three of the Possessed

Three of the Possessedの作品ページ

アーティストPICK UP:Wesley Bird

Wesley Birdの作品ページ

アーティストPICK UP:Budi Satria Kwan

Budi Satria Kwanの作品ページ

アーティストPICK UP:Robert Farkas

Robert Farkasの作品ページ

さいごに

日本ではまだ利用者や情報が少ないsociety6。アーティスト側の収益は下記のようになっているようです。

特定のアーティストと契約はせず、作品の権利はアーティスト側が保有し続け、同サイトでの売り上げに応じて、アーティストに一定の金額を支払うシステムを取っている。注文のあった分だけ製品にすることに加え、アーティストの契約料も要らないので、コストを節約でき、スタートアップに適したビジネスモデルと言えそうだ。

出典:「カスタマーコラボレーション」で唯一商品を作っているサイト3選|海外ECサイト事例に学ぶ、売上アップのノウハウ|ネットコンシェルジェ

価格帯も手頃なので実際に商品はよく売れています。購入者、運営元、アーティストそれぞれにメリットがありそうです。今後は日本のアーティストで出品する人が増えたり、似たモデルのウェブサービスが増えるかもしれません。

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

iPhoneケースが人気!LA発アーティストグッズ通販『society6』が面白い

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。