ベルトの着こなしがおしゃれ。レディースファッション参考集【コーデ】

ベルトの着こなしがおしゃれ。レディースファッション参考集【コーデ】

細いベルトを使ったおしゃれな着こなし。レディース・コーディネート

ファッションアイテムの一つ、ベルト。本来は、パンツなどのボトムスを締めるために使用するアイテムですが、ジャストサイズのボトムスの場合はベルトを使用しないことも多いです。ベルトを持っているけれど、あまり使用しないという人も少なくありません。

何気なく付けることが多いベルトですが、コーディネートの中でどんな役割をしているかを意識してみるのもオススメ。バックルが小さく、シンプルな細ベルトがコーディネートに取り入れやすいです。

今回は海外スナップを中心に、ベルトを使ったおしゃれなレディース・コーディネートを集めました。

tittle photo by:istock

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

細ベルトをさりげなく。コーディネートのワンポイントに

ボーダートップスとデニムパンツを合わせた定番コーディネート。トップスの裾は前部分だけをウエストインさせ、ベルトを少し見せる着こなしが素敵です。ベルトは、バッグと同じライトブラウンで揃えています。シンプルで参考になるコーディネートです。


ライトグレーTシャツと白パンツを合わせた爽やかな夏ファッション。明るい色同士の組み合わせに、ライトブラウンのレザーアイテムを合わせて上手く引き締めています。Tシャツの裾を前部分だけウエストインさせて、少しだけベルトが見えているのが素敵です。色数も抑えており、カジュアルだけど上品なコーディネート。


ボーダートップス&デニムパンツの組み合わせに、ダッフルコートを羽織ったスタイル。カジュアルなマリンコーディネートが可愛いです。ネイビー&白のシンプルなコーディネートに、ベルトのブラウンカラーがアクセントになっています。細いベルトなので主張が強くなりすぎず、さりげなく見せれるのがポイント。

コーディネートを引き締める

オーバーサイズのブルーシャツと、白スキニーパンツの組み合わせ。シャツをパンツにウエストインさせ、ウエスト周りをスッキリと見せています。明るい色のアイテムに黒ベルトを加えて、コーディネートを程よく引き締めています。ベルトの色を変えるだけで、雰囲気がグッと変わるコーディネートです。


ブルーシャツとダークグリーンのパンツを合わせた、シックなコーディネート。ベルトの色は、ニットカーディガンでも使用されている黒色を選んでいます。


ライトグレーのスウェットシャツと、白パンツを合わせたカッコいいコーディネート。白・ライトグレーと相性が良い黒色を、ベルトや靴などの小物類で取り入れています。細いベルトを選んでいるので、洗練されたコーディネートの印象を変えることなく、上手く全体を引き締めています。白・ライトグレー・黒の配色が抜群に上手い着こなしです。

トップスとボトムスを区切る役割

デニムonデニムのように、トップスとボトムスが似た素材や色の場合、ベルトを区切りのように使うのもオススメ。ベルトだけが目立ちすぎないように、細めのベルトが合わせやすいです。


マニッシュなコーディネートが得意なファッションモデルのケイト・モス。ジャケット、トップス、パンツを黒で揃えています。ライトブラウンのレザーベルトを加えて、ブラックコーディネートをカッコよく仕上げています。ベルトのあるなしで雰囲気が大きく変わるコーディネートです。


スウェットシャツとパンツをグレーで揃えたシンプルなコーディネート。黒のベルトが、グレーコーディネートを上手くまとめています。同系色のアイテムを合わせる時は、ボトムス側の色を濃くするとコーディネートしやすいです。


ボーダー柄トップスと白ショートパンツを合わせた、夏らしいコーディネート。ボーダー柄でも白色を使用しているので、ブラウン系レザーベルトを加えて、上下を上手く分けています。バッグとベルトの色合いを合わせるのもオススメです。


グレートップスとセンタープレスパンツの組み合わせ。シックなグレーコーデに、黒ベルトを加えてコーディネートを引き締めています。パンプスもベルトと同じ黒で統一。グレーと黒を上手く組み合わせた着こなしです。


黒色トップスとパンツを合わせた、全身ブラックコーディネート。パッと見た印象では分かりづらいですが、黒のレザーベルトを使用しています。他のアイテムとは異なる素材を加えることで、コーディネートに変化をつけることができます。

ウエストマークで、きれいなシルエットを作る・目線を上にあげる

パンツにベルトを合わせるだけでなく、スカートやワンピース、アウターの上からベルトを巻くウエストマーク・スタイルも人気です。ウエスト位置でベルトを巻くことで、シルエットをきれいに見せることができます。目線も上に上がるので、スタイルアップ効果も。スカートやワンピースファッションと相性が良い着こなしです。


少し分かりづらいですが、オーバーサイズのコートの上から、ウエスト位置でベルトを巻いています。ウエストラインを作ることで、コーディネートに変化をつけ女性らしい着こなしに。

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

ベルトの着こなしがおしゃれ。レディースファッション参考集【コーデ】

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。