紫色・パープル服と合う色は?レディース・コーディネート組み合わせ集

紫色・パープル服と合う色は?レディース・コーディネート組み合わせ集

秋冬ファッションにオススメ。紫色に合う色別レディース・コーデ

紫色(パープル)は、赤と青の中間色です。合わせる色・周りの色によって、紫色へのイメージが変わります。また紫色といっても、赤っぽい紫色や渋みのある紫色までイメージはさまざまです。

ファッションで紫色を取り入れる時は、彩度(色の鮮やかさの尺度)が高いアイテムよりも、やや渋みがある紫色が合わせやすくオススメです。コーディネート全体では色を多用せずに、ツイードやレザーなど素材で立体感を作ると上手くまとまります。

今回は紫色と相性が良い色を中心に、おしゃれなレディース・コーディネート例を集めました。

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

「黒色・ブラックカラー」と合わせる

人気のレインブーツ「HUNTER」の紫色をセレクト。扱いが難しいカラーですが、黒タイツと合わせてシックな着こなしにまとめています。タイツとレインブーツの間に、グレーソックスを合わせるのもポイントです。バッグは帽子、手袋などの小物類も全て黒色で揃えています。コーディネート全体は黒とグレーのアイテムを選び、素材感で上手くバランスを取っています。


秋ファッションの人気アイテム、トレンチコート。ベージュ色やネイビーが定番カラーですが、パープルを選んでコーディネートに変化を加えるのも素敵です。ボトムスは黒パンツを合わせて、カッコいい着こなしにまとめています。全体的にダークトーンのコーディネートになるので、トップスでライトグレーを加えて上手くバランスを取っています。


コーディネートに取り入れやすい紫色パンツ。グレートップスと黒のライダースジャケットを合わせて、マニッシュな着こなしに仕上げています。パンツはスキニータイプを選び、女性らしさをプラス。マフラーやバッグは黒で揃えるのも着こなしのポイントです。


日本だけでなく海外でも人気が高いニューバランスのスニーカー。紫色のニューバランスが、ダークトーン・コーディネートのアクセントになっています。パンツはアンクル丈を選び、少しくるぶしを見せて抜け感をプラス。紫色は面積が大きいアイテムよりも、小物で取り入れるのが合わせやすくオススメです。

「灰色・グレーカラー」と合わせる

紫色アイテムと合わせやすいのが、グレーカラーです。白色と合わせるよりもコントラストを抑えることができ、程よく上品な印象に仕上げることができます。グレー色トップスと紫色パンツも相性バッチリ。秋冬ファッションにピッタリの組み合わせです。アクセサリーはゴールドカラーをセレクト。


紫色といっても発色によって印象が大きく変わります。渋みがある紫色は、コーディネートに取り入れやすく落ち着いた印象に仕上がります。ダークグレー、ライトグレーのアイテムと合わせて、色の濃淡でコーディネートに立体感を持たせています。


コーディネートのアクセントにピッタリな紫色ニット帽。ツイードコートと合わせて、おしゃれな冬ファッションにまとめています。上半身にボリュームがある分、ボトムスは黒スキニーパンツでスッキリとまとめるのがポイント。

「白色・ホワイトカラー」と合わせる

こちらも紫色パンツと白セーターの組み合わせ。バッグやベルト、ショートブーツは、ライトブラウンで揃えています。小物の色を揃えることで、色数を抑えコーディネートに統一感が出ます。ライトブラウンの小物は、黒色よりも柔らかい印象に。

「明るめカラーのデニムパンツ」と合わせる

冬ファッションの定番アイテム、ツイードコート。スキニータイプのデニムパンツを合わせて、カジュアルな着こなしにまとめています。足元の紫色ニューバランス・スニーカーが、コーディネートのアクセントにピッタリです。

「カーキ・ベージュ色」と合わせる

上品な印象の紫色プリーツスカート。トップスはベージュ色セーターを合わせて、上品な印象に仕上げています。タイツは黒ではなくグレーを選んで、重たさを抑えています。

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

紫色・パープル服と合う色は?レディース・コーディネート組み合わせ集

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。