黒色コーディネートに合う色は?差し色別のおしゃれな着こなし集

黒色コーディネートに合う色は?差し色別のおしゃれな着こなし集

黒色・ブラックコーディネートのアクセントに。合わせやすい差し色別の着こなし

トップスやアウター、パンツなどを黒で揃えたブラックコーディネート。海外スナップでもよく見かける定番スタイルです。黒をベースとした服装に差し色として違う色を加え、コーディネートに変化をつけるのもオススメです。

今回は海外スナップを中心に、黒色コーディネートに差し色を加えたおしゃれな着こなしを集めました。

tittle photo by:istock

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

レッド・赤色を差し色にする

黒トップスとギンガムチェック柄スカートを合わせた、シンプルで可愛いコーディネート。足元も黒のフラットシューズでシンプルにまとめています。赤色のミニショルダーバッグが、モノトーンコーディネートのアクセントにピッタリ。小さめサイズのバッグなので、主張が強すぎず上手くバランスが取れています。


カジュアルな印象の黒スウェットシャツ(トレーナー)をセレクト。ボトムスは、赤と黒のボーダー柄スカートを合わせて、スポーティーで可愛い着こなしに。ボーダー柄にも黒が含まれているのが着こなしのポイントです。

ホワイト・白色を差し色にする

黒トップスと黒パンツを合わせたブラックコーディネートにネイビーコートを合わせた、シックな着こなしです。ダークトーンのコーディネートに、重ね着している白シャツが、程よい差し色になっています。足元は日本でも人気が高い白のスタンスミスをセレクト。


黒のコートとパンツを合わせた、シンプルでカッコいいコーディネート。白シャツとガッツレースニーカーの白ラインが、コーディネートのアクセントになっています。パンツはアンクル丈を選び、くるぶしをスッキリと見せることで抜け感をプラス。


黒セーターとパンツを合わせた秋冬の定番コーディネート。白シャツとのレイヤードスタイルも素敵です。白シャツの裾を出して、ブラックコーディネートに変化をつけています。


こちらも黒セーターと黒パンツを合わせた、ブラックコーディネート。先ほどのコーディネートは白シャツを合わせていましたが、こちらは白と黒のストライプ柄シャツをセレクト。黒コーディネートには、単色だけでなくストライプやチェックなどの柄アイテムもおすすめです。

カーキ色を差し色にする

黒トップスとパンツを合わせたブラックコーディネートに、カーキ色アウターを羽織ったシンプルな着こなし。バッグもパンプスも黒で揃えて、シックでカッコいいコーディネートにまとめています。手首やくるぶしなど程よく肌を見せることで、女性らしい着こなしに。


パンツと靴を黒で揃え、カーキ色Tシャツを合わせたシンプルなコーディネート。ボトムスと靴の色を同じ色にすると、脚がよりスッキリと見えます。黒とカーキの2色に絞ったシンプルな着こなしも素敵です。

ライトグレーを差し色にする

黒色コーディネートにライトグレーのアイテムを加えた、マニッシュな印象のコーディネート。白アイテムを加えるよりも色のコントラストを抑えることができ、落ち着いた印象の着こなしに仕上げることができます。黒ジャケットとTシャツの組み合わせ方も素敵です。


ライダースジャケットと黒ボトムスを合わせた、メンズライクなコーディネート。ライトグレーの大判マフラーをざっくりと巻いて、コーディネートに変化をつけています。顔周りにやや明るめのカラーを持ってくることで、顔色がスッキリと見えることも。

ベージュ・キャメルカラーを差し色にする

シンプルなブラックコーディネートに、キャメルカラーのコートを合わせています。足元はレオパード柄パンプスを選び、黒とキャメルの2色を上手く着こなしています。コートや大判ストールなど上半身にボリュームが出ている分、ボトムスはスッキリとまとめるのがポイントです。


ブラックコーディネートにベージュカラーの大判ストールをざっくりと巻いて、コーディネートに変化をつけています。首周りにボリュームが出る場合は、髪型はダウンスタイルよりもアップスタイルなどでスッキリとまとめるのがおすすめです。

ネイビー・紺色を差し色にする

コーディネートの定番アイテム、黒スキニーパンツをセレクト。ジャケットとニューバランスのスニーカーを紺色(ネイビー)で揃えて、カッコいいダークトーンコーディネートに仕上げています。


タートルネックセーターとパンツを黒で揃え、ネイビージャケットを羽織ったシンプルなコーディネート。差し色というと黒色が際立つ色を選ぶだけでなく、ネイビーやグレーなどの近い色を選んで、少し着こなしに変化を加えるのもおすすめです。

イエロー・黄色を差し色にする

黄色と黒色の組み合わせは警戒色とも呼ばれますが、ボーダー柄ではなくポイントづかいをして、コーディネートに取り入れるのも素敵です。黒をベースとし、小物などで黄色を差し色に使用するのもおすすめ。お互いの色を上手く引き立て、素敵な着こなしに仕上がります。


黒スキニーパンツに黄色セーターを合わせた、おしゃれな着こなし。セーターから黒シャツの袖や襟を少し見せるのが、着こなしのポイントになります。バッグやベルト、靴は黒で揃えてコーディネート全体を2色でまとめています。

ライトブルーのジーンズ・水色を差し色にする

こちらも先ほどと同じ、黒トップスとパンプスに明るい色のジーパンを合わせています。カジュアルな印象の組み合わせですが、バッグとパンプスを黒で揃え、カッコいい着こなしに仕上げています。ジーパンの裾を細めに折り返した着こなしも素敵です。

ゴールドカラーの小物を差し色にする

ブラックコーディネートにアクセサリーなどの小物類を加える場合、ゴールドカラーが合わせやすくオススメです。小物で使用されるゴールドも、黒コーディネートの差し色になります。


冬のシンプルなブラックコーディネートに、ゴールドの時計とバッグを合わせています。バングルや時計などの小物のカラーと、バッグの金具は色を揃えるとコーディネートに統一感が出ます。

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

黒色コーディネートに合う色は?差し色別のおしゃれな着こなし集

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。