ベルトのおしゃれな収納方法・アイデア参考集【吊るす・巻く】

ベルトのおしゃれな収納方法・アイデア参考集【吊るす・巻く】

ベルトのおしゃれな収納術・インテリア参考集

ベルトなどの小物類を上手く収納できると、使いやすくクローゼットもスッキリとします。ベルトの収納方法は、主に「吊るす」「巻く」の2つが定番。

ベルトを吊るす場合はフックが便利です。100円ショップでも販売しているS字フックもおすすめ。1つのフックに多くのベルトを吊るすと、出し入れがしにくく、落ちやすくなるので注意が必要です。

ベルトをくるくると巻いて収納する場合は、立てて収納すると取り出しやすく、数も多く収納できます。仕切り板を使った収納もおすすめです。

今回はベルトのおしゃれな収納アイデア・インテリア実例を集めました。

tittle photo by:istock

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

フックを使って、吊るして収納する

家具の横面にプラスチック製フックを設置し、ベルトのバックルを掛けて収納しています。耐久性を考えて、掛けるベルトの個数は少なめが良さそうです。フックと家具の色を揃えているので見た目もスッキリ。出し入れもしやすく、参考になるアイデアです。


スカートやパンツを収納する木製ハンガー。ハンガーにフックを取り付けて、ベルトを収納しています。取り出しやすさも考慮して1つのフックに、2つくらいまでの収納がおすすめ。クローゼットにかけて収納できるので、場所を取らず出し入れもしやすいです。


壁に設置してあるコート・帽子掛けに、ベルトを収納しています。二手に分かれているフックで収納力アップ。スカーフの収納にもピッタリです。


100円ショップでも販売しているS字フック。クローゼットのバーにかけてベルトを収納しています。取り付け、移動も簡単で参考にしやすいアイデアです。出し入れがしやすいように、フック同士の間隔を空けています。


収納棚にスライド式のバーを設置。L字型のフックを取り付け、ベルトのバックルをかけています。出し入れがしやすく、見た目もすっきり。

ボックスを使って、巻いて収納する

ベルトを丸めてボックスに収納しています。ベルトは取り出しやすいように、縦に入れて並べています。ベルトの種類も分かりやすいので、服を着る時も便利です。使用しない時はボックスの蓋を閉じているので、おしゃれな箱を選べばインテリアとしてもピッタリ。


クローゼットの引き出しにアクリルボックスを並べています。スカーフやベルトなどをファッション小物類をすっきりと収納。ベルトは丸めて縦に入れています。透明なアクリルボックスは、圧迫感がなく中身も分かりやすいです。


デザインが可愛い缶ボックスを使用。中にアクリルケースを入れて、靴下とハンカチを収納しています。端のスペースにベルトを丸めて縦に入れています。使用しない時は蓋を閉じておくと、インテリアとしてもピッタリ。

仕切りを使用して、巻いて収納する

ベルトの収納に便利な仕切り板付きボックス。散らかりにくく、スッキリと収納できます。ボックスごと引き出しに入れるのもオススメです。


仕切り板が付いているアクリルケース。透明なので圧迫感が無く、中身が見えるのでベルトの収納に便利です。ベルトだけでなく、靴下やスカーフなどの収納にもおすすめ。


引き出しの中に仕切り板を設置し、ベルトなどのファッション小物を入れています。高さがある引き出しの場合は、丸めたベルトを立てて収納できます。取り出しやすく、スペースを節約できるのがポイントです。


仕切り板の代わりに正方形のアクリルケースを並べています。ネクタイやハンカチ、ベルトをキレイに収納。アクリルケースの下に色が付いた紙を敷くアイデアも素敵です。


仕切り板が付いた引き出し。取り出しやすいように手前部分にベルトを収納しています。ベルトは立てて収納していますが、仕切りがあるので散らかりにくく、スッキリと収納できます。

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

ベルトのおしゃれな収納方法・アイデア参考集【吊るす・巻く】

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。