アイボリー色の服で上品な着こなしに。おしゃれなコーディネート集

アイボリー色の服で上品な着こなしに。おしゃれなコーディネート集

上品で洗練された着こなしに。アイボリー色を取り入れたおしゃれなコーディネート

アイボリーとは、象牙のように「白色が淡く黄みがかった」カラーです。

洗練された印象を与えてくれる「白色」は、ファッションでも人気のカラーですが、真っ白(ピュアホワイト)は着こなしが難しく、目が疲れやすい色でもあります。淡いクリーム色のようなアイボリー色は、上品さと柔らかさを兼ね備えており、白色よりも優しい印象に。部屋の壁紙も白色ではなく、アイボリーを使用している場合が多いです。

明るいカラーの服を着たいけれど白色に抵抗がある人は、アイボリーの服を取り入れるのもおすすめです。今回は、海外スナップを中心にアイボリーの服やアイテムを取り入れたオシャレなコーディネートを集めました。

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

黒色の靴でコーディネートを引き締める

アイボリー色のセーターと白パンツを合わせた、淡いカラーのコーディネート。トップスとボトムスの素材と色に少し変化を出すことで、おしゃれな着こなしに仕上げています。色合いが近いアイボリーと白色は相性が良い組み合わせです。足元は黒のフラットシューズを選び、コーディネートを上手く引き締めています。


アイボリー色コートを取り入れた洗練されたコーディネート。こちらも白パンツと合わせて、上品な着こなしに仕上げています。白パンツは裾をロールアップさせて、足まわりをスッキリと見せています。肌を程よく見せることで、コーディネートに抜け感をプラス。明るいカラーの組み合わせに黒パンプスを加えて、大人の女性らしいカッコいい着こなしにまとめています。

バッグや巻物で取り入れる

柔らかい印象のアイボリー色は、ストールやマフラーなどの巻物で取り入れるのもおすすめです。淡いカラーが顔や首周りの肌をきれいに見せてくれます。こちらはアイボリーの大判ストールをざっくりと巻いて、コーディネートに柔らかさを加えています。マニッシュな印象のカーキ色パンツとも相性バッチリ。


アイボリー色は季節を問わず取り入れやすいカラーです。色んなコーディネートで使いやすいバッグで、アイボリー色を取り入れるのもおすすめ。ジーパンなどのカジュアルなアイテムとも相性がよく、コーディネートを上品な印象に仕上げてくれます。

淡いカラーでまとめる

アイボリー色のトップスとパンツを合わせた、上品なコーディネート。足元はベージュ色フラットシューズを合わせて、コーディネート全体を淡いカラーでまとめています。パンツの裾をロールアップさせて、くるぶしをスッキリと見せるのが着こなしのポイントです。

アイボリー色コートで上品に仕上げる

コートは、コーディネート全体の中でも広い面積を占めるアイテムです。少し黄みがかったアイボリー色は、ピュアホワイト(真っ白)よりもコートに取り入れやすいカラーです。トップスは白を合わせて、コーディネートに立体感を作っています。カジュアルな印象のジーパンや帽子とも相性バッチリ。

ライトグレーと合わせる

上品な印象のアイボリー色スカートをセレクト。ライトグレーの柄セーターをスカートにウエストインさせて、きれいなシルエットを作っています。優しい印象のアイボリーと洗練された印象のライトグレーは、相性が良い組み合わせです。


アイボリー色アウターとライトグレー色バッグの組み合わせ。トップスは白を選び、淡いカラーで上品な印象にまとめています。近い色のアイテムを組み合わせる場合は、異なる素材を選んでコーディネートに立体感を出すのがおすすめです。

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

アイボリー色の服で上品な着こなしに。おしゃれなコーディネート集

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。