セーターの袖まくりコーデが素敵。おしゃれな着こなし参考集

セーターの袖まくりコーデが素敵。おしゃれな着こなし参考集

トップスやセーターの袖まくりアレンジ。おしゃれな着こなし・コーディネート参考例

秋冬ファッションに欠かせないセーター。シャツと合わせたレイヤードコーデも素敵ですが、セーター単体で着用している場合、セーターの袖を折って着こなしに変化をつけるのもおすすめです。

体の中で一番細い部分である「手首」を見せることで、コーディネートに抜け感を加えることができ、スッキリとした印象に仕上がります。今回は海外スナップを中心に、セーターの袖のまくり・袖を折ったオシャレなコーディネートを集めました。

tittle photo by:istock

※画像の掲載は、Pinterestの埋め込み機能を使用しています。画像サイズが小さいためPCでの閲覧の場合、少し見にくいかもしれません。各画像をクリックするとPinterestのページが開き、大きな画像を見ることができます。Pinterestのページが上手く開けない場合は、URLの始めにある「jp.」を削ると表示される場合があります。

スポンサーリンク

手首をスッキリと見せる

ベージュカラーのセーターと白パンツを合わせた、上品でカッコいいコーディネート。グレンチェック柄のストールがコーディネートのアクセントになっています。上半身にボリュームが出ているので、セーターの袖を少しまくって手首をスッキリと見せることで上手くバランスを取っています。


黒セーターとボーイフレンドデニムパンツを合わせた、シンプルなコーディネート。セーターの袖とジーパンの裾を程よくロールアップさせて、コーディネートに抜け感を加えています。メンズライクな着こなしの場合、手首や足首などの細い部分をスッキリと見せて、バランスを取るのもおすすめです。


グレーセーターと黒パンツを合わせた定番コーディネート。大判ストールをざっくりと巻いて、コーディネートに変化をつけています。重たい印象にならないように、セーターの袖をまくるのが着こなしのポイントです。袖をまくることで、バングルや腕時計がきれいに見えます。


袖まくりは、セーターだけでなくスウェットシャツ(トレーナー)の着こなしにもおすすめです。ややオーバーサイズのスウェットシャツは、袖をまくって抜け感をプラス。ボトムスは黒のスキニーパンツを合わせて、シンプルにまとめています。袖まくりの有る無しで、印象が大きく変わる着こなしです。

セーターの袖を1回だけまくる

パッと目をひくグリーン色セーターとネイビーパンツの組み合わせ。プレッピーな印象のコーディネート・配色が素敵です。セーターは袖を1回だけまくって、コーディネートに程よい変化をつけています。ネックレスやバッグなどの小物選びも参考になります。

袖をラフにまくる

セーターやトップスの袖をまくる場合、きっちり折るのではなく、ラフにまくってこなれた雰囲気に仕上げるのもおすすめです。グレージュ色のセーターと白パンツを合わせた、上品で落ち着いた印象のコーディネートも素敵。黒のバッグで、コーディネート全体を上手く引き締めています。


ボリューム感があるグレーセーターをセレクト。黒のペンシルスカートを合わせて、洗練された上品な着こなしに仕上げています。オーバーサイズのセーターは重たい印象になりやすいので、袖をラフにまくってコーディネートに抜け感をプラス。


黒セーター、パンツ、ベルトを合わせたシンプルなブラックコーディネート。同じトーンのアイテムで揃える場合、素材やシルエットでコーディネートに変化をつけるのもおすすめです。黒セーターの袖をラフにまくって、コーディネートをこなれた雰囲気に仕上げています。袖の長さを左右で変えたアレンジも素敵です。ブラックコーディネートとゴールドアクセサリーは相性バッチリ。


グレー色セーターと黒スキニーパンツを合わせた、シンプルなコーディネート。ボリューム感があるセーターは、袖をラフにまくって抜け感を加えています。マニッシュな印象のコーディネートに、小さめサイズのショルダーバッグを合わせた着こなしも素敵です。

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク

関連する記事

スポンサーリンク

この記事に関するタグ

セーターの袖まくりコーデが素敵。おしゃれな着こなし参考集

海外の情報を中心にファッションやインテリアについて発信しています。